デンタルローンについて

subpage01

デンタルローンとは、利用する目的を「歯科治療費」に限定した立て替え払い制度のことです。

簡単に言うと、信販会社が歯科に立て替え払いをして、患者がその信販会社に分割で手数料込みの費用を払うというものです。

美容外科には医療ローンというものがありますが、その制度に似たものです。


よく知られたことですが、歯科での治療には自費治療というものがあり、高額な治療費がかかることがあります。

この治療費をローンで払うことができれば、治療の選択肢も広がっていきます。

一般的に、ローン=分割払いというイメージを持つ人が多いと思いますが、デンタルローンも同じようなものです。

デンタルローンとはに関するアドバイスです。

考え方としては車や家のローンと同じと考えてもよいですが、違いはこのローンは歯科治療費にのみ組むことができるということです。


インプラントや自費診療のメタルボンド、オールセラミック、歯科矯正のようなものは普通高額治療が必要な治療です。

これらをローンで払うことができれば、ずいぶん助かることでしょう。デンタルローンは、基本的には通常のローンと審査は同じですが、保証人は不要なところが多くなっています。



20歳以上で安定した収入があればまず大丈夫でしょう。


人によっては学生や高齢者の方も審査に通ることがあります。

ただし、この場合には保証人や連帯保証人が必要になってくることが多くなっています。

livedoorニュースといえばこちらのサイトです。

これまで高額の治療費がかかるということで諦めてきた治療も、このデンタルローンで受けることができる可能性が多くなってきています。