デンタルローンは歯列矯正やインプラントの治療に便利

subpage01

歯列矯正やインプラントは、基本的には健康保険を適用させることはできず、治療費は全額自己負担となります。
これらの治療にかかる費用は、治療を行う歯の本数や施術の方法、使用する矯正器具の素材などによって決まり、ケースによっては100万円を大きく超えることがあります。



給料の一部を積み立てて月収の数ヶ月分にもなる治療費を賄おうとする人は多いですが、あまり給料が多くない人だと積み立てすらままなりません。


このような場合に役立つ可能性があるのが、デンタルローンです。

近年、歯科医院では料金を支払うときにデンタルローンを選択できるようにしている所が多くなりました。


デンタルローンは、信販会社が医療機関と提携して展開している金融商品で、利用することで料金の分割払いができるようになります。
分割払いができる支払い方法には、この他にもクレジットカードを利用する方法がありますが、デンタルローンはクレジットカードの場合より多い支払回数を設定することができます。
支払回数を多くすると、完済までの期間が長くなり、上乗せされる金利手数料が増えて支払総額が多くなるデメリットがありますが、1回あたりの支払額を少なくさせることができ、家計への負担を最小限のものにすることができます。

歯科矯正デンタルローンのサイトが登場しました。

申し込みも簡単で、料金をどう支払うか尋ねられたときにデンタルローンを選択し、申込書に必要事項を記入して、本人確認書類などとともに提出するだけです。

日本経済新聞の情報を多数ご用意したサイトです。

審査結果は遅くても翌日までには通知され、ローンの契約が可能になれば、信販会社が治療費全額の立替払いが行われ、患者の信販会社への支払いが始まります。